弁護士紹介

ご挨拶

近影

はじめまして、当事務所 責任者 弁護士 郷原 友和 です。

最近でこそ、テレビなどでも生の弁護士を見る機会も増えましたが
一昔前までは、トラブルがあっても我慢する人も多く、弁護士といえば何か遠い世界、あるいはドラマの中の話といった雰囲気があったかもしれません。
けれども、時は移り変わり、現代は主張すべきときは権利をしっかり主張しないと大きな損害を被ることになります。
ビジネス上はもちろん、生活上も弁護士があなたの身近なものとなってきました。
さて弁護士といえども一人の人間であり、対応は様々です。
仕事と割り切る人もおられるのも事実ですし、驚くほど親身に世話をされる弁護士もおられます。
私も弁護士という仕事を人を助けるためと言う目的で目指しました。できる限り、親切に対応するよう心がけています。
とはいえ、当事者にはそれぞれの事情があり、自分の正義を信じているものです。
それらが客観的に事実かどうかを見極めることも重要です。
困難な状況がある場合には、自分のクライアントに正直に告げることも本当の親切と考えています。

トップページにも掲載しましたが、弁護士の選択は重要な問題です。
スキルはもちろん、相互の相性も存在します。
まずは、簡単な法律相談をお受けすることを、私はお勧めします。報酬基準をみれば決して高い料金ではないことに気づくでしょう。

決して一人で悩んだり、専門外の人に依頼することは避けてください。
多くの場合、最初より結果がひどくなります。
どのような問題、絶望的にみえる状況でも必ず解決策はあるものです。
あなたの悩みにを解決するために、一緒に、考え、行動するそんな提案をするよう努めています。


経歴

平成2年
第二東京弁護士会登録○○○○○○○○○○
平成7年~9年
第2東京弁護士会法律相談委員会委員
平成8年~17年
21世紀情報産業ネットワーク協同組合(東京通商産業局長認可第1437号)顧問
平成9年~11年
EC研究会世話人
平成9年~18年
第2東京弁護士会クレサラ相談担当委員○○○○○○○○○○
平成22~28年
法テラス審査委員○○○○○○○○○○
著作物
誰にもわかる会社役員の法務と税務(新日本法規出版、共著)
借地・借家問題法律相談ガイドブック 1995年版 (第二東京弁護士会、共著)
離婚問題法律相談ガイドブック1997年版(第二東京弁護士会、共著)